/* モバイル画面の左右padding幅調整 */ -->
広告

翻訳

iPhoneで無料無制限のKONTAKT 5 PLAYERをWiFi一人セッション?!


有名なNative Instruments社が配布しているマルチサンプリング音源ソフト「KONTAKT 5 PLAYER」をiPhoneで一人セッションする方法を紹介します。今回はドラムとギターですが?



YouTubeによるデモと概略紹介

iPhoneアプリの「Gyrosynth」でドラムループを、「ThumbJam」でロックギターをコントロールしてアドリブセッションする方法をデモも含めて動画で紹介します。

詳細は動画の後で説明するので、先ずはどんなものかを動画でご覧ください。


KONTAKT 5 PLAYERのインストール

以下のサイトに行きます。
https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/samplers/kontakt-5-player/

右下にある「無償ダウンロードはこちら」をクリックし、画面の指示に従ってインストールします。

さらに、下にスクロールすると最後に以下のようなボタンがあるのでクリックして、無償ライブラリーもインストールします。メールでシリアル番号が送られてきているので、それを入力します。

アプリとrtpMIDIの設定

以下の記事の必要な部分を参考にしてください。GyroSynthは直感的にわかると思うので省略します。MIDI CHはCH1固定です。
【JD-800】Windows 10のサンプルシンセをiPhoneで弾く(演奏編)?!

rtpMIDIが動作しない時の対処法:
・iTunes(をインストールして)ストリーミングで(プレビューなど)適当な曲をネット経由で演奏してみる。
・パソコンを再起動してみる。

まとめ

今回使った2つのアプリ以外にも、例えば「SoundPrism Electro」や「Gestrument」などもMIDI送信に対応しているのでコントローラとして使えます。

演奏には慣れが必要ですが、伴奏付きのアドリブ演奏が手軽に楽しめるのでおススメします。

ではでは、きらやん


広告

My Instagram