/* モバイル画面の左右padding幅調整 */ -->
広告

翻訳

【volca fm】YouTubeでKAOSS PAD KP3とiPhone & mi.1によるBluetooth MIDI一人セッションを紹介?!


KORG volca fmで一人セッションする様子をYouTubeで紹介。KAOSS PAD KP3に繋いでプリセットシーケンスをサンプリングし、iPhoneアプリからmi.1経由でvolca fmを演奏?


KAOSS PAD KP3を買った経緯は?

iPhoneアプリからvolca fmを演奏するのにmi.1というBluetooth MIDIインタフェースを使うことにしましたが、MIDI OUTに繋がないと電源が供給されないことがわかりました。





前回は私が持っている唯一のMIDI OUTがあるMIDIキーボードに繋いでデモをしましたが、現実的な使い方ではないので、今回中古で購入したKAOSS PAD KP3に延長ケーブルで繋いで演奏ができるようになりました。


KP3はマルチエフェクターですが、4トラックのサンプラーとしても使えるので、volca fmのプリセットシーケンスをサンプリングして、iPhoneアプリによるリアルタイム演奏とで一人セッションが楽しめます。


YouTubeで一人セッションを紹介

ザックリとした説明を以下の動画で行っていますので参考にしてください。

【volca fm】iPhoneアプリからBluetoothでKAOSS PAD KP3と一人セッション 



もう少しきちんとKAOSS PADが使えればカッコよくなるとは思いますが、この手の演奏は苦手なのでご了承ください。使い方は参考にして頂ければと思います。


まとめ

ワイヤレスでiPhoneアプリからシンセをコントロールする方法として2通りがあります。
1. デスクトップPC:rtpMIDI WiFi
2. MIDIポート付きシンセ:mi.1 Bluetooth

ソフトシンセかハードシンセかで大きく分かれますが、これで大まかにほぼワイヤレスでシンセをコントロールできることがわかりました。

volca fm単独だとスケールの設定ができないのでCで弾くのが基本になりますが、iPhoneアプリだとスケールの設定ができるので、ワイヤレスで繋ぐことでvolca fmを好みのスケールで弾けるようになり便利です。

KAOSS PAD KP3のサンプラーの活用なども含めてvolca fmが楽しめそうです。

ではでは、きらやん


広告

My Instagram